お腹の内臓脂肪の落とし方!サプリがおすすめ!

お腹周りの内臓脂肪の落とし方!

 

内臓脂肪が増えすぎるとメタボになるの?

 

メタボと内臓脂肪というのは、非常に深い関わりがあります。内臓脂肪型肥満でなくては、メタボとは診断されないのです。つまり、メタボと診断されたのであれば、内臓脂肪型肥満になっているということになります。

 

内臓脂肪型肥満+脂質異常や高血圧、高血糖のいずれか2つの条件に該当していると、メタボと診断されます。この内臓脂肪型肥満になっていた場合、脂質以上や高血糖、高血圧の症状が同時進行で現れたりします。ですので、内臓脂肪型肥満だと診断されている時点で、既にメタボになってしまっているといえるのです。

 

少し血圧や血糖値が高くなっている場合は、メタボとは診断されませんが、予備軍であることに変わりはなく、今のうちに対策をしておかなくてはいずれはメタボと診断されてしまう可能性が高いです。そうならないうちに、内臓脂肪を燃焼して少しでもメタボにならないようにしましょう。

 

メタボがなぜ危険視されているの?

 

テレビなどでもメタボを危険視する番組があったりしているのですがどうしてなのでしょうか?
メタボというのは、色々な症状が出てしまう危険性があります。

 

内臓脂肪型肥満になっているだけではなく、脂質以上などのような症状もあるわけですので、いつ重病を発症してしまうかわからない状態になってしまっているのです。事実、メタボになっていない人と比較すると、メタボと診断された人というのは、心臓病によって亡くなる確率が35倍以上高くなっているのです。

 

1日3食食べると内臓脂肪が増える…?

 

一日の食事の回数というのは、基本的に三回です。いつの頃から一日三食食べる習慣が付いたのか分かりませんが、子供の頃から1日3食食べるように教えられた人がほとんどではないでしょうか?そのため、日本人というのは、昔から一日3色食べる習慣が身についているのです。

 

しかし、前日の夜にご飯を食べ過ぎてしまったり、お酒を飲みすぎてしまうと、胃もたれを起こしてしまっていて朝食を食べるのが億劫になってしまったりするということもあるのではないでしょうか?

 

朝起きて朝食を食べることによって、エネルギー源を確保することが出来るため、一日活動することが出来るのです。このように、一日の始まりに朝食を食べるということはとても大切なことなのですが、胃もたれをしていたり体の調子が優れないときは、無理して朝食を食べなくても大丈夫です。

 

中でも中高年になると、あまり体を動かさなくなってしまいますし、消費されるエネルギーも少なくなってきます。このような状態で一日三食食べていると、内臓が常に活動をしなくてはならなくなってしまいます。さらに、前日に暴飲暴食をしてしまっていると、内臓もかなり疲弊してしまっていますので、内臓に悪いのです。

 

その結果、カロリーや栄養素を摂取しすぎてしまって、内臓脂肪が増えてしまうということもあります。前日に食べ過ぎたり、飲みすぎたのであれば、プチ断食をすることも考えたほうがいいでしょう。

 

宗教によっては、断食をしたりする習慣があったりします。断食というと体に悪いというイメージがある人もいるかもしれませんが、断食をすると、体の中に溜まっている老廃物や食べ物、毒素などを排出させやすくすることが出来ます。さらに、内臓脂肪を減らしたりすることも可能になるのです。

 

もちろん、正しいやり方で実践しなくては、健康を損なってしまう可能性もありますが、断食でもプチ断食であれば、短期間で終わらせることが出来るのでお勧めです。

 

そもそも胃もたれを起こしてしまっていたり、胃が重く感じてしまっているということは、体が食べ物を欲していないということです。ですので、このような時はプチ断食をして、内臓を休ませて挙げることも大切でしょう。

更新履歴

メニュー